【ツイステ】マレウス・セベク登場! キャンペーン情報ざっくりまとめ【ツイステッドワンダーランド】

こんにちは。

ついにディアソムニア寮から、
『マレウス・ドラコニア』『セベク・ジグボルト』両名がカードとして登場しました。

初登場のキャンペーンで両名のカードと交換ができる『糸巻き』というアイテムも配布され、
大盤振る舞いですね。

でも、先日はラギー君の誕生日でしたが、
特に誕生日ログインボーナス的なものはありませんでした。

そんな話はともかく、さっそくおさらいに行きましょう!

目次

・ディアソムニア登場キャンペーン第1弾のまとめ

・糸巻きはどこで使うべき?

・マレウス、セベクの召喚台詞

スポンサードリンク

ディアソムニア登場キャンペーン第1弾のまとめ

本日4月16日16時より、ディアソムニア寮の二人がカードとして登場しました。

同時に開催されたのが、ディアソムニア登場キャンペーン第1弾です。

第1弾と銘打たれているのですから第2弾もあるのでしょうが、
それはリリアとシルバー登場の際に来るのかもしれないですね。

このキャンペーンで一番注目しなくてはいけないのは、アイテム『糸巻き』です。

ログインボーナス、限定ミッション、召喚で獲得できるこのアイテムは、
SR含むマレウス・セベクのカードと交換が可能です。

獲得できる数は以下の通り。

ログインボーナス:全部受け取って16個

限定ミッション:全部クリアして39個

召喚:1回召喚で1個(10連召喚なら10個)

なら、SRマレウス、SRセベクのカードは糸巻きいくつで交換できるのかというと…

なんと50個

ログインボーナスと限定ミッションを合わせれば既にゲットできる数ですね。

新登場のキャラを石消費ゼロでゲットできるキャンペーンは
とても良心的と言えるでしょう。

次の項目では、糸巻きを使うべきポイントを紹介していきます。

糸巻きはどこで使うべき?

まず、召喚をガチャガチャして糸巻きを増やす場合は例外としましょう。

その場合は引けなかったSRを選んでください。

という訳で、無課金でゲットできる糸巻き、55個をどう使うべきか考えてみます。

一例として、55個の使い道を分けてみました。

50個:SR[式典服]カードと交換

2個:R[制服]カード2枚と交換

3個:脚光のワッフルと交換

つまり、初日に配布されたコレは

Rカードと交換してOKってことですね。

そもそも、限定ミッションの進行にはカードが必要なので、召喚をしない場合
糸巻きショップあるいはカードショップで二人のカードをゲットする必要があります。

マドルを使った購入はいつでもできるので、
せっかくのイベントなら糸巻きショップでの交換も一考の価値があるということです。

脚光のワッフルを交換アイテムでオススメしたのは、
また強化合宿イベントが来る可能性が高いからです。

幸運のカップケーキでもいいかもしれませんが、そのあたりはお好みでどうぞ。

スポンサードリンク

マレウス、セベクの召喚台詞(ネタバレあり)

ここからはネタバレを含む、マレウス・セベクの召喚時のセリフについて
まとめていきます。

尚全カードを引いた訳ではないのでご了承ください。
余談ですが、ピックアップ召喚ってSSRが出やすい気がするんですよね。

マレウス編

マレウスは式典服、制服、運動着が引けたので計三枚の紹介です。

式典服

鉄板ネタをぶっこんできたマレウスくん。

逆に入学式の日に式典服を着ていたのか謎です。カードシナリオ読まなくては。

制服

やっぱり浮世に興味のなさそうな雰囲気ですね。

あ、でも3年生の落ち着きかもしれません。

運動着

空を飛ぶくらい戯れ程度なんでしょうか。

実写版のマレフィセントのような飛び方するのなら箒も要らないでしょうし、
妖精にとってはそんな感覚なのかな。

セベク編

セベクは実験着と制服が引けたので、計2枚の紹介です。

実験着

ジャミルのカードストーリーに出てきた時から思っていたのですが、
セベクくん熱血?おっちょこちょいな真面目?キャラっぽいですよね。

デュース辺りと絡んでいるところが見たいですが、既に実装されてるんでしょうか…

制服

監督生と同じ一年生ですし、アドバイスではないのも納得。

けどせっかちなんですかね…?

まとめ

ディアソムニア登場キャンペーンまとめ、いかがでしたでしょうか?

それでは今回のおさらいです。

・今回のイベントアイテムは糸巻き、集めてカードを貰おう

・SRカードは無課金でもゲット可能、ミッションと毎日ログインを欠かさずに!

それでは~

ツイステ攻略記事まとめ。 リセマラから、育成強化記事、1章ボス攻略、2章3章攻略記事など。 最新ニュースも随時更新中! 復学・新...
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク